2018年10月アメリカ大陸から女神たちが降臨する

今年10月17日、聖なる杖の巡礼が沖縄から始まります。

2014年比嘉良丸は「近い将来、世界に大きな影響を与える国々、アメリカ、イギリス、ロシア、フランスといった国の大統領の口から平気で核兵器の使用について話が出てくる。そして、戦争で小さな核兵器を平気で使用する状況に進みゆく。その為に、新たな核開発へと世界中が進み、結果として5年から10年後の2019年から2020年の間に核戦争が起きる可能性が出てくる。最初はとてつもない大きな核兵器ではなく、小型の核兵器を使用するかもしれないが、最終的には、地球、人類を滅ぼす最終戦争へ発展する。」と啓示で伝えられました。

その流れを阻止するため世界のひな型である、日本で「聖なる杖」の儀式を行うこと決めました。

「聖なる杖」(The Sacred Staff of Unity)は調和と統合の杖と呼ばれており、訪れた世界各地で仲たがいしていた部族、親・兄弟の再びの調和という奇跡を起こしてまいりました。

この杖をお迎えするにあたり、私たち祈り人にも調和が求められました。11名の祈り人はお互いの違いを受け入れ、補い合うこと、全員が同じ意識と熱意を持ち進むこと。

しかしながら思いがかみ合わず、エルダーやお越しになった来場者の皆様が満足できるような講演会やセレモニーを行うことができないと神様より判断されました。

私たちはボランティアとして、この平和のセレモニーで世界中の人々の調和・和合を願うエルダーと御来場の皆様が「素晴らしいセレモニーだった」と思っていただけるように努めてまいります。

当初計画しておりました大きな会場での講演会やセレモニーは規模を縮小し、沖縄と山中湖畔での開催となります。

関係者皆様、心待ちにしてくださった多くの皆様大変申し訳ございませんでした。

20日はお話会を中心に、長老おひとりおひとりから母国での活動や、先住民族・女性を取り巻く様々な問題を語っていただきます。

フリータイムには有料となりますが、マヤのセッションや比嘉りかによる口伝え、杖と触れ合い、杖に願いを込めることもできます。

===緊急告知===
10月21日山中湖のみ、ホピ族のルービン・サウフキー氏の参加が決定しました!!
Ruben Saufkie Sr.(ルービン・サウフキー)メッセンジャー
ホピ族(水氏族)出身。「アナンダラバ(Open up our hearts)」というシンプルなメッセージを運ぶ。ホピ居留区とメキシコシティーをリレーによってつなぐ「セイクリッド・ラン」を実施。往路、世界中から集まった聖水を、復路は聖火を運んだ。稀有な技術をもつ銀細工職人でもある。

■■■日程■■■
10月17日(水)
沖縄八重島「大国ミロク大社」本宮聖地:ファイヤーセレモニー
非公開ご神事

10月20日(土)
山中湖平野屋:講演会(入場料無料)

※入場料は無料ですが、杖とともに来日してくださる長老たちへの感謝と敬意をご支援というかたちで頂戴できましたならば幸いです。
お申し込みはこちら↓↓↓「こくちーず」のサイトへ飛びます。
https://www.kokuchpro.com/event/f5a8dec13b7cfcd18dbe83a8f9ea1177/

10月21日(日)
山中湖畔ちびっこ広場:ウォーター&ファイヤーセレモニー(入場無料)

※入場料は無料ですが、杖とともに来日してくださる長老たちへの感謝と敬意をご支援というかたちで頂戴できましたならば幸いです。

===================
■■■ご支援金のお願い■■■
エルダーたちが日本で快適に過ごせるよう、皆様のお力添えをお願いいたします。

一般社団法人こころのかけはし祈りの和
ゆうちょ以外の銀行からの場合:七〇八店 普通 0582167
ゆうちょから振込の場合:記号-番号 17000-5821671
口座名義:シャ)ココロノカケハシイノリノワ

     

===特別参加===