ELIZABETH ARAUJO(エリザベス・アラウホ)

Elizabeth Araujo(エリザベス・アラウホ)

Grandmother Elizabeth is a warm, compassionate person manifesting a discernment that crosses cultural boundaries.
She travels extensively throughout the world to wherever she is called to do ceremony and hold council with Elders of those places in the process of bringing unification, balance and harmony to Mother Earth.

Grandmother Elizabeth was born and raised in El Salvador and lives in Guatemala.
She is a member the Counsel of Principales Ajq´ijab Mayas of El Salvador, Member of the Continental Counsel of Elders and Spiritual guides of te Americas, and she also has been part of the Guatemala Mayan National Counsel of Elders as official translator for more than 20 years.

Elizabeth works through the Mayan traditional healing ceremonies with the Sacred Fire and is a guide for spiritual journeys to sacred sites in Guatemala, Peru and Bolivia.

グランドマザー エリザベスは、文化的な境界を越える洞察力を体現した温和で愛情あふれる人物。
母なる地球に統合、調和、和合をもたらす目的でそれぞれの場所の長老たちとセレモニーや会議を開くために、呼ばれれば世界のどこへでも旅をしている。
エルサルバドルで生まれ育ちグアテマラ在住。

エルサルバドル主要Ajq´íjabマヤ国家評議会のメンバーであり、長老大陸評議会やアメリカ霊的ガイドのメンバーであり、また20年以上通訳としてグアテマラ・マヤ長老国家評議会のメンバーでもある。

彼女は聖なる火によるマヤ族の伝統的癒しの儀式も行い、また、グラテマラ、ペルーやボリビアにある聖地へのスピリチュアルな旅のガイドもしている。

また、アラウホ氏は忙しく世界中を駆け巡る傍ら、学校に行けない子供たちのサポートをしています。子どもたちはたいてい母親やその祖母と暮らしており、学用品や制服、インターネット使用料など学校で使われるそれらのものを支払うことができません。
彼らは家族の大切な労働力なので、経済的な援助がなくしては学校に行くことができないのです。

子どもたちへの寄付も受け付けております。