Maria Cuadra(マリア・クアドラ)

Maria Cuadra(マリア・クアドラ)

Bio: Maria (Abu Conexion) Cuadra was born in El Salvador, Central America, on March 3rd, 1951.
Her upbringing rooted in coffee-mountain area and mystical land of the Lenca people.
From a very young age, she expressed interest in learning and understanding the Truth, the purpose of her existence and the heritage of her surroundings.

Throughout those years and into adulthood, she studied diverse philosophies and schools of thoughts from different parts of the world including: Freemasonry, Rosicrucians, Zen Buddhism, Wicca, Yoruba religion (also known as Santeria), participatory healing through sacred ceremonies, Peruvian shamanism, and Mayan cosmo-vision.

These rays of multicultural beliefs enlightened her life mission as a healer and connector, by subjectively uniting the many paths to the One Source.
Since 1997 she took many spiritual journeys in various countries: Japan, Nepal, India, Mexico, United States, Peru, Bolivia, Colombia, and nations in Central America.

In 2006 she served as a translator for the Guatemalan Mayan elder Tata Pedro Cruz in a 20-day Diksha initiation at the Oneness University located in Chennai, the south of India.
It was this experience in India and the journey to Nepal that gave her a profound calling of absolute service, purpose of Oneness, and Unity.

At present time Maria (Abu Conexion) is an active member of the Council of Mayan Ajq’ijab’ (Consejo de Sacerdotes Mayas) of El Salvador, Unity Staff Carrier, continuing studies on Mayan Cosmology, vigorously working with the organization Calpulli of the Sixth Sun, which is based in Fresno, California USA.

An organization where participants can reaffirm their true essence in life. It is a place of refuge, where one can cleanse the mind, feed the spirit to reassert their individuality, renew collectiveness as a community while devoted to bring: Balance, Joy, Unity, Peace, Love, Patience, and Harmony to those who seek.

マリア クアドラは1951年3月3日に中央アメリカのエルサルバドルに生まれ。
彼女はコーヒー園の麓にあるレンカ族の神秘的な土地に育つ。
とても若い時から彼女は真理、自分の存在目的や周囲の自然環境遺産について
学ぶ事に興味があった。
若い時から大人になるまで彼女は、フリーメーソン主義(友愛感情主義)、バラ十字会員、禅、魔術崇拝、ヨルバ族の宗教(サンテリアとして知られている)、聖なる儀式による参加型癒しヒーリング、ペルーのシャーマニズムやマヤ族のコスモヴィジョン等、世界中の多様な哲学や教派を学んだ。
これらの多様な文化の信心を学び、そして多くの道が一つの源に統合される事を自覚する事によって、彼女はヒーラーそして結ぶものとしての使命に覚醒しました。
1997年以来、日本、ネパール、メキシコ、アメリカ合衆国、ペルー、ボリビア、コロンビアや中央アメリカ諸国等の多様な国々へ多くのスピリチュアルな旅を体験。
2006年に南インドのチェンナイにあるワンネス大学で行われた20日間のディクシャイニシエーションの際、グアテマラ・マヤ族長老のタタ・ペドロ・クルーズの通訳を務めた。
インドでの経験とネパールへの旅は彼女に奉仕すること、ワンネスそして統合・調和の目的を彼女に呼び起させた。
現在、マリア(アブ コネクシオン)は、エルサルバドルのMayan Ajq’ijab’ (Consejo de Sacerdotes Mayas)評議会の正会員であり、カリフォルニア フレスコにある「6番目の太陽Calpulli組織」で活発に活動するかたわら、マヤの宇宙論を学んでいる、そして「聖なる杖」の継承者の一人。
「六番目の太陽」は参加者が人生の本質を再確認できる場所であり、
精神を浄化、個性を再主張すること、それは集団の中での個性であると同時に調和、喜び、統合感、平和、愛、忍耐を求める人たちへとそれらをもたらす霊的な心を育てる避難場所である。