2012年6月


新暦6月15日(旧暦4月26日 未)
6月7日 ウンジングシク
沖縄で日の出と共に御神事しました際に伝えられました言葉

命の流れ
神話の中にて 間違われゆく
その流れ
正しき道には どこへ行くか
今ひとたび 確かめ合いゆこう
その流れ どこへ行くのか
見定めてゆこう
全ての道が 整われゆく
この道は 今
新たに変わりゆく
さすれば それは
どこへ進むのかの 選択の時
どこへ行くのかを 決められる時
善き未来へと 生き行こうぞ
命はまた 輝き続ける
その道は今 やがて始まりを迎える
真実の扉は 開かれようとしている
しっかりと目を見開き
見つめゆくがよい
その流れは今 どこへ行くのかも
分からず進むものではない
今しっかりと 見つめ続け
歩みゆかれよ

今 開(あ)きゆく
開(あ)かない扉が
開けられゆく
今 開きゆく
たくさんの命を連れて
次の扉に進みゆけ
開かないのではない
開けないのだ
それが今 開きゆく
今 行け
生きて 命と共に
今 歩みゆけ

【解釈】
解釈なし

▲ページトップへ



新暦6月14日(旧暦4月25日 午)

日々の中にて
多くの事を学びゆく
多くの事を知り
流れの中にて 探し行く
多くの事は はたされゆくが
その道は 今 正されゆく

【解釈】
解釈なし

▲ページトップへ



新暦6月5日(旧暦4月16日 酉)
5月30日 沖縄の高江
朝の祈り合わせでお伝え頂いた言葉

共に歩みゆく道筋
何が大切なことなのかを
忘れなければ
そなた達は
皆共に歩みゆくことができよう
儚くもそれは
今という現実を知り
変えゆくという努力と
変えゆくという根気と
変えようという行動が
伴いゆくことによって
変化が生まれ
未来が生まれてくる
それを忘れてはならない
これは確かなものであり
動かざるものは
生みゆくことすら難しきものである
大切なことは
まず
何がしかの行動を起こしゆくこと
たとえ小さかろうとも
それが行う、行わないでは
大きな差となってくるのである
決してその小さな行動を
侮ってはならない

明けゆく日に
大切なことを伝えてゆこう
善き未来へと向いゆくために
そなた達は
何を思い
何を描くか
大切なことは何であるのか
忘れてはならない
大切なことは
皆と共にあり
この星と共にあり
多くの命達と共にありゆく
支え、支えられていることを
忘れてはならない
たった一人で生きているという思いを持たず
皆と共に生きているということを
忘れてはならない
支えられていること
そして
そなた達一人一人もまた
支えていることを忘れてはならない
大切な道筋
見えてこようぞ
道は今
開けようとしている
大切な道
忘れてはならない

安心して
暮らしてゆける世の中へと
進みゆくには
そなた達
一人一人の
心と
そして
行いが必要であることを
忘れてはならない
それが無くば
全ての物事が
大惨事へと
展開しゆくこととなりゆこう
それを忘れぬように
そなた達
一つ一つの行動と
行いが
全ての物事が
大切なものと知ることがよい
それにより
変化しゆき
転換されゆき
進化しゆく
大切なことは
物事をどう捉えるか
そして
それを
どう受け止め
どう発展させゆくか
どう守りゆくか
それがまた
大切な鍵となってくるのである

真実は
今も尚語り継がれています
それを信じるか信じないかは
そなた達自身です
そして
どのようにしゆくかもまた
そなた達自身です
どのようにしゆくか
未来を描き
忘れぬように
せっかくの
持ちし御霊
磨きゆき
星に生まれた意味
忘れぬように
しっかりと進み行きなさい
それが
この星に生まれた
証であり
御霊を持った意味であり
大切な事柄を
伝えゆく
一つの
行動となりゆくのです

【解釈】
解釈なし

▲ページトップへ



新暦6月3日(旧暦4月14日 未)

時の流れは 今 戸惑いを見せる
人の子等は どこへ行くのか
この星は どこへ行くのかではない
それは そなた達が
どこへゆくのかという問題である
人の子等よ
どこへゆくのかは
そなた達の選択ぞ
それを 間違ってはならない

【解釈】
解釈なし

▲ページトップへ



新暦6月2日(旧暦4月13日 午)

見えなくなるも 道
見え続けるも 道
見えなくなった時に
がむしゃらになるか
冷静に判断できるか
瀬戸際である
しっかりと 地についていること
それを 忘れなければ
おのずと 道すじが
確認出来よう

【解釈】
解釈なし

▲ページトップへ



新暦6月1日(旧暦4月12日 巳)

日々の繋がり
命の繋がり
日々の暮らし
祈りの暮らし
願い祈る流れの中に
未来を見つけ
歩めよう
その光に惑うことなく
地と共に
歩み行かれよ

【解釈】
解釈なし

▲ページトップへ