こころのかけはし祈りの和
ブ ロ グ
こころのかけはし祈りの和
メルマガ登録
こころのかけはし祈りの和
English
こころのかけはし祈りの和
海外からのメッセージ
由  緒 ご 祭 神 年間祭事 神結び神業 祈りについて プロフィール 祈りの和-TV 問い合せ
大国みろく大社 WebShop 沖縄聖地祈りの巡礼 祈り結びのお守り イベントカレンダー

 〜 祈りについて 〜

祈りは、霊的能力の有る無しや、精神的な修行がないからとか、エゴばかりだから資格がないということはありませんし、また、宗教やご神事とも違います。祈っている時間の長さも関係ありません。心からの思いがこもっていることが大切です。 このようなことを思いながら祈ってみていただけたらと思います。

「詫び」
人間が生きていく為には自然を大事に思っていたとしても、破壊行為につながってしまうことはどうしても避けられません。人間が生きていくということは、他の生命を得るということになります。さらに、人間は神で無い以上、日々の行いや言葉・行動で知らず知らずのうちに人を苦しめているということがあります。自然・神・祖先、生きていく中での過ちを詫びる。それが祈りの中の「詫び」になります。

「感謝」
自然の中で、他の生命と共存していく中で、生きてゆく「命」というものが与えられています。祖先や父母から命は繋げられて現在の自分がいます。人間はけっして一人では生きては行けず、多くの人々との関わりと支えから成り立っています。そういうすべての事柄に感謝します。

「願い」
自分自身の健康と幸せ、家族の円満、愛する人、大事な人の幸せと健康。自分自身の幸せをきちんと願った上で、世の中の平和や幸せを願う。まずは、小さな和と幸せから。それは、波紋のようにゆっくりと広がっていきます。

このような祈りを、一日の中で時間を割いて祈っていくと、自然に自分の内を見つめることになり、心が寛大になってゆきます。日々の祈りの時間は、自分自身の思い・信念に気付き、自分のやるべきこと、歩むべき道に気付くきっかけになります。自分自身の人生をきちんと切り開き、幸せは自らで掴み取る。そのような歩みをして行くことは、結果、自分の天命を果たすこととなり、また、そのように歩む人生は知らず知らずのうちに世に人に、未来に貢献する神の使いとなっています。
「聖地での祈り」
通常、祈りとは、前述しました内容の事を示しております。巡礼とは、自分自身の人生や、自分自身の内を見失った時に、人それぞれですが、自らにあえて苦難を課したり、聖地にて祈りや瞑想することで、本来の自らの歩み行く道に気づく、取り戻すという行為にあたります。

目を逸らさずに気づき、取り戻した人は、自然、神、祖先に向き合い、自らの願いを叶える為に後押し、導きを得るということになります。そして、人として日々の暮らしの中でその願いを叶える為に出来る範囲の中から行動、実行する。それは、世の中や未来に善き流れや善きかたちを生み出す働きとなります。あくまでも、祈りと巡礼は人として向き合い、人として行動を示すことです。

また、神事(神ごと)とは、自らが見たビジョンや受けた啓示に基づき、聖地(神社、仏閣なども含み)にて祈りや儀式を行い、それにより、世の中や、未来、一個人に影響を与えることにあたります(御神事にも、人それぞれに祈り方や儀式の方法、価値観があります)

聖地にて、自分の持っている能力を使ったり、神や自然に対し祈りや儀式を行うということは、神々の御心が叶うよう、自身の身も心も投じ神に仕える者として行動を起こすといういう意志表示になります。また、霊的能力などを得たいということで、神々に願い祈ることは、神から頂いた能力にてこれからの人生を神に仕える者として捧げますという意味と同じことになります。

神開き、神結び、龍神開きというものも、開いたことで表に出ていただいた神に、本来のお働きをして頂く為にも、自らの人生や身、心をお使い下さいという意味と同じになります。
私自身が行っております、祈り合わせや祈りの呼びかけというものは、上記のご神事と区別して行っております。祈り合わせや呼びかけは、神々に、平穏、平安、安定、平和と現実社会を善き方向へ願い、次の世代へと未来を繋ぐよう願う、数多くの真心があることをお伝えし、真心ある世の中をお守り下さいますよう願います。
また、人々が、神々の導きと力添えを得て、現実社会の中で、確実に世の中と未来を善き方向へ導く為の行動を起し、次の世代に未来をつなげるように願います。それは、大きなことではなくとも、確実に出来ることを日々続けて行くことが出来るように、次に命をつなぎ、自らの愛情をもって育て教育してゆくことで、その子らが、確実に善き未来を創ってゆく創り手として育ってゆくよう、それが、循環してゆくよう祈ることが、祈り合わせ、呼びかけの根本になっています。

祈り合わせやご神事に立ち会う際には、どのような意思で向き合い立ち会うかによって、祈る側の立場が大きく変わってきます。

大国ミロク大社
〒904-0006 沖縄県沖縄市八重島二丁目7番45号(GoogleMap
TEL 098-989-6595 , FAX 03-6369-4862
お問い合わせ対応 基本午前10時から午後6時